ハイドロキノンって知ってる?

美白成分ハイドロキノンで肌が白くなるよ

ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われるほどの美白効果がある成分です。
その美白効果は、美白のための成分と聞いて一番に思いつく人が多いであろうビタミンCの100倍とも言われています。
ビタミンCをはじめとする美白成分は、これからできるシミやくすみを予防するという働きがあります。
しかしハイドロキノンは、今、肌に出来ているシミを薄くしていきながら、これからできるかもしれないシミを予防できます。
さらにその予防効果も、シミの原因となるメラニンを作り出すメラノサイトという細胞自体を減らしてしまうことによって、シミやくすみを抑制するという働きがあるのです。
あまりにもその美白効果が高いため、日本では2001年までは化粧品に配合することが禁止されていたほどです。
現在ではドラッグストアなどでもハイドロキノン配合の化粧品を購入することは出来ますが、その配合率は低濃度です。
高濃度のものは今でも医師の処方箋がなければ購入することが出来ないものなのです。
美白効果バツグンのハイドロキノンですが、その効果が高いため肌へ強い刺激を与えてしまう可能性があります。
シミなど気になる部分に塗ることで肌のターンオーバーを促進させ、シミを消していくのですが、炎症や赤みが出てしまうことがあります。
また、美白効果が強すぎることで肌が白くなりすぎてしまう白斑という症状が出てしまうことがあります。
そのため、どれだけ肌を白くしたい!と思っても、いきなり高濃度のものから使用するのは避けるようにしましょう。
低濃度からスタートして、自分にあった濃度のものを使用することが肌のトラブルを引き起こすことなく、肌を白くするためには重要なポイントになります。

ハイドロキノンとトレチノインを組み合わせる理由は?

ハイドロキノンとトレチノインを併用した方法はネットでも度々紹介され、毛穴の黒ずみやニキビ跡の改善、美白に良いと言われ、肌トラブルのあった女性が多く利用しています。
何故この2つを組み合わせて使用するのかについては、それぞれ異なった作用を持ち、目的に見合った効果を発揮するためです。
ハイドロキノンはイチゴやコーヒーにも含まれている天然成分で、日本では最近になって名前が出るようになりましたが、海外では古くからシミの治療など医療用に使用されています。
ハイドロキノンの作用はメラノサイトに対する毒性と、メラニン色素を作り出す酵素を阻害することから、シミの原因となるメラニン色素を抑制することで、美白を保つ効果があります。
トレチノインはビタミンA誘導体の一種で、皮膚から吸収されると基底層に作用することで、細胞を活性化させて分裂を促進させます。
細胞分裂の早まった皮膚は通常より早くターンオーバーを起こし、本来なら4週間はかかるとされる皮膚の生まれ変わりを半分の2週間程度で行うようになります。
毛穴の黒ずみの原因となる角栓や、シミの原因となるメラニン色素は表皮細胞に留まっていますが、早めたターンオーバーによって徐々に外側に押し出され、やがて角質と共に剥がれ落ちることになります。
生まれ変わった肌はメラニン色素が定着しておらず透き通った白い肌となりますが、メラニン色素は紫外線から肌を守る効果があるので、そのままでは紫外線に弱くなってしまいます。
そこで、紫外線から肌を守るためにメラノサイトがメラニン色素を生産して肌の色を変化させますが、ハイドロキノンを使用すると、メラノサイトの働きが抑制され、白い肌を維持することが可能となります。
ただし、紫外線には弱いままとなるので、別の方法で紫外線を防ぐ手立てを用意しなくてはいけなくなります。

ハイドロキノン誘導体って本当に効果あるの?

ハイドロキノンは医療用に使用される成分で、メラニン色素を合成する酵素チロシナーゼを阻害する作用を持ち、さらにメラニン色素の大もととなるメラノサイトに対する選択毒性があります。
メラニン色素は肌の着色に関わるもので、これが濃い人は黒色に近い肌になりやすく、薄い人は白い肌となります。
紫外線の刺激を受けることで色素として沈着しますが、紫外線そのものから肌を守る効果があるので重要な要素となっていますが、一点に固まるとシミの原因となることから、美肌を求める女性からは嫌われ者となっています。
ハイドロキノンはこうしたメラニン色素やメラノサイトに働きかける成分ですが、同様にその成分に似せた作ったものがハイドロキノン誘導体と呼ばれています。
コケモモや梨、サンタベリーなどの天然植物を中心にして作られたもので、アルブチンとも呼ばれます。
美白化粧品に多く含まれており、生成する成分によってαアルブチンと、βアルブチンに分けられています。
αアルブチンはハイドロキノンにブドウ糖を結合させた成分で、肌との相性がよく美白の効果は高いと言われ、最近の化粧品ではほとんどがこちらの成分を配合しています。
対するβアルブチンはハーブなどの天然植物から抽出したエキスで生成され、肌との親和性が低く吸収が悪いデメリットがあり、美白効果が低いのが欠点ですが、肌への負担が少ないのが特徴となります。
効果の強さとしてはハイドロキノンよりもαアルブチンが10分の1程度で、βアルブチンはさらに10分の1程度となります。
高い美白効果を求めるならハイドロキノンのみを使用するのが良いとされますが、敏感肌などで肌が荒れやすい人は、βアルブチンを利用すると良いとされます。

・美肌が終わったらまつ毛育毛しましょう
ルミガン 通販